【人数別&目的別】人狼を最大限楽しむためのおすすめ配役はこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人狼をやってみたい!と思ったときに、まず一番最初にぶつかる壁が「配役どうしよう」「役職どうする?」といったことだと思います。

それもそのはず。ゲームの性質上、配役決めは人狼を最大限楽しむために最も重要であるにもかかわらず、人狼ゲームに精通している人でないと適切に決められないという欠点があります。

人狼ジャッジメントなどのアプリのおかげで、人狼の認知度はどんどん上がってきて入るものの、人狼というゲームの遊び方を熟知している人はまだまだ少ないのが現状。

また、人狼プレイすると一口にいっても、「推理ゲームとして人狼を楽しみたいのか?」「パーティゲーム的に人狼を楽しみたいのか?」でおすすめの役職・配役は変わってきます。

インターネットでおすすめの役職・配役を探そうにも、「なぜその配役がおすすめなのか?」「この配役はどういうプレイスタイルに向いているのか?」といったところまで説明してくれているサイトは存在しません。

 

そこで、人狼歴8年かつ、リアル・ネット合わせて2000回以上人狼をプレイしてきた筆者が、目的別・人数別のおすすめの人狼配役をお伝えしようと思います。

 

 

結論:ゲームとして成り立っていればどんな配役でも人狼は楽しい

 

上記で啖呵を切っておいてなんですが・・・

どういう配役でプレイしても人狼は人狼。たった一つのタブーさえ侵さなければ楽しく人狼はプレイできますので安心してください。そこまで配役・役職決めに悩む必要もありません。

しかし、これだけは守らないとゲームとして成立しない大事なルールが一つだけありますので、先にこれだけお伝えしておきます。

そのルールとは

 

「村人陣営と人外陣営のパワーバランスを整える」ことです。

 

 

人狼のルールを簡単におさらいします。

人狼は、「市民(村人)陣営」と「狼陣営」に分かれて戦うゲームであり、

勝利条件はそれぞれの陣営を駆逐すること。

市民は、一日に一回投票によって最も怪しい人物を処刑することができ、(昼パート)

狼は、一日に一回自分たちにとって最も邪魔な人物を噛み殺すことができます。(夜パート)

昼と夜を繰り返し、最終的に相手陣営を駆逐した陣営が勝者です。

 

つまり、一日に一回ずつ、村人陣営と狼陣営は邪魔なプレイヤーを排除することができる、と言いかえることができます。

そのため、ゲームのプレイ人数に対して村人陣営が強すぎたり、逆に人狼陣営が強すぎたりすると、ゲームとして成り立たなくなってしまいます。

具体例を上げましょう。

10人村 村人6 人狼4 の場合。 人狼は一日に一人ずつ村人を噛み殺す事ができるため、村人は一回も間違えず人狼を処刑し続けないと勝つことができません。しかもノーヒントで。

これは流石にきつすぎますね。一瞬で人狼勝利でゲームが終わってしまい、楽しむことができないでしょう。

 

10人村 村人6 占い師2 人狼1 の場合。

今度は人狼が一度でも処刑、もしくは占い師に発見された時点で「詰み」です。 これもまた楽しいゲームとは言えないでしょう・・・

ほとんどいじめですね。

 

ゲームというものはすべて「自分たちと敵の力が同じくらい」が一番楽しいものです。

そのため、配役を決めるときは村人陣営と人外陣営のパワーバランス・人数比を適切にすることだけは意識しましょう。

 

難しければ

村人陣営の人数:人外陣営の人数=3:1 くらいにとどめておけば、楽しいゲームができるかと思います。

 

 

人狼ゲームをどう楽しみたいか、で配役を決めろ!

人狼は大きく分けて2つの楽しみ方があります。それは、

①純粋な推理ゲームとしてストイックに楽しむ方法

②パーティゲームのように配役をごちゃまぜにしてカオスを楽しむ方法です。

例えば「友達とみんなでワイワイおしゃべりを楽しみながらゲームをしたい」なら②番の楽しみ方だし、最近ニコニコ生放送などでやっているプロ棋士人狼なんていうものは①番です。

どちらを選ぶかで配役は変わってくるので気をつけましょう。

純粋な推理ゲームとして人狼を楽しむときの配役

総括

ヘンテコな役職を入れるのは我慢し、ベーシックな役職で固めるようにしましょう

(ここでいうベーシックな役職とは 村人 人狼 占い師 霊媒師(霊能者) 狩人(騎士) 狂人(多重人格) 共有者 妖狐 などを指します)

基本的に、8人以下なら人狼陣営が2人、12人以下なら人狼陣営が3人、20人以下なら人狼陣営が4~5人となるようにし、占い師や霊媒師、狩人などは複数いれないようにすれば、ピュアな推理合戦が楽しめるはず。

役職を入れれば入れるほど、不確定要素が強くなり、パーティーゲーム色が強まると覚えておけば大丈夫です。

 

人数別 純粋な推理ゲームとしての人狼を楽しむときのおすすめ配役

個人的におすすめ&よくある人狼の配役をまとめてみました。

 

【4~6人】

流石に少人数過ぎます。 この人数ならワンナイト人狼をやったほうが絶対に楽しめるのでそちらをやりましょう!

【7人】

村人 4 人狼1 狂人1 占い師1

【8人】

村人5 人狼2 占い師1(基本的に狂人よりも人狼のほうが強い)

【9人】

村人3 人狼2 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1(人狼ジャッジメント普通9人村)

【10人】

村人4 人狼2 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1(ジャッジメント配役+1村人)

【11人】

村人5 人狼2 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1(いわゆる、11A)

【12人】

村人5 人狼2 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1 妖狐1(いわゆる、12B)

【13人】

村人6 人狼2 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1 妖狐1(12B+1村人)or

村人6 人狼3 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1(いわゆる、アルティメット人狼)

【14人】

村人7 人狼2 狂人2 占い師1 霊能者1 狩人1 妖狐1 or

村人7 人狼3 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1

【15人】

村人8 人狼2 狂人2 占い師1 霊能者1 狩人1 妖狐1 or

村人8 人狼3 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1

【16人】

村人6 人狼3 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 妖狐1(いわゆる、16A) or

村人9 人狼3 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1

【17人】

村人7 人狼3 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 妖狐1(いわゆる、17A)

【18人】

村人8 人狼3 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 妖狐1 or

村人7 人狼4 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 妖狐1 猫又(埋毒者)1

【19人】

村人8 人狼3 狂人2 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 妖狐1 or

村人8 人狼4 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 妖狐1 猫又(埋毒者)1

【20人】

村人9 人狼4 狂人1 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 妖狐1

 

パーティゲームとして人狼を楽しむときの配役

これに関しては完全に自由です。村人陣営と人外陣営のパワーバランスさえ整っていれば楽しくゲームができます。

人狼ジャッジメントの役職一覧や、

月下人狼の役職一覧

なんかをみて、自由に役職を混ぜてみればいいと思います。

ただ、ゲームマスターありで人狼をプレイする場合は、その人の力量と相談して配役を決めるようにしましょう。

試したことのない役職を一度に2つ以上いれるのは管理が難しくなりすぎるためあまりおすすめしません。

 

まとめ

おすすめの配役・役職についていろいろ話しましたが、そもそも人狼は無料で気軽にできるゲーム。

無料アプリもたくさんの種類が存在します。

いろいろな役職をまずは触ってみて、気に入った配役でプレイする、というのが一番いいのかな、と個人的には思います。

 

それでは、良き人狼ライフを!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA